< 令和4年度 委員会活動 >

※会員企業対象


≪ 経営委員会  
「Withコロナを見据えた企業経営を考える」

1.Withコロナの経営を担う人財づくり
  ・研究会事業(人事労務実践、IE、生産革新、品質保証、IoTの基礎、未来のチャレンジャー育成
       <新設> ダイバーシティ&インクルージョン、共創型リーダー育成


2.企業の経営力の強化
  ・中小企業モノづくり部会の実施(4回)
  ・多様な人材の活用の研究(D&I)
  ・人材の確保:ポリテクカレッジ滋賀やポリテクセンターなど教育機関との連携
  ・アンケート調査(経営実態など)
  ・サイバーセキュリティ(ランサムウェア対策など)に対する取組(滋賀県警など)

3.ハノイ工科大学との連携
  ・ベトナム人材(技能人材)受入れの促進 (滋賀県と連携)

4.婚活パーティーの実施
  ・事業承継、社員の定着化等を目的とした「第18回婚活パーティー」の実施(12月に予定)

 

  技術委員会  「現場力・技術開発力の向上とDX革新の推進」 

1.生産性・技術力・技能の向上
    ・改善活動の推進(第19回カイゼン大会等)
    ・県内理工系大学・公設機関との連携
    ・ポリテクカレッジ滋賀、ポリテクセンター滋賀での機械を使った実習訓練
    ・サイバーセキュリティ(ランサムウェア対策など)に対する取組(滋賀県警など)

2.DXによる新たなビジネスモデルづくり事業
  ・DX革新を基軸とした事業戦略、新たなビジネスモデル検討(相互交流を中心に)
  ・企業のDXソリューションをサポートする先進技術・事例の紹介(NEC、ポリテクカレッジ滋賀)
  ・DX革新事例紹介、各社のDR取り組み事例の相互交換

3.イノベーションエコシステム創出支援事業(環境委員会との共催)
  ・Innovation Ecosystem in Shiga ビジネスマッチング会の開催(3回)
        大手企業・大学から提案された「ニーズ・シーズ」を説明する全体説明会を実施
        会場内に、展示・相談・商談スペースを併設し、ビジネスマッチング面談を実施



≪ 環境委員会 「脱炭素・環境保全と企業経営の両立」 

1.CO2ネットゼロ・循環型経済の研究  
  ・CO2ネットゼロ検討部会の設置
  ・SDGs(MLGs)、サーキュラーエコノミー、ESG投資、J−クレジット等の研究
  ・コロナ禍からの復興対策として注目されるグリー ンリカバリーについて情報収集
  ・第18回CO2削減シンポジウム

2.生物多様性・自然環境保全の研究
  ・先進取組企業の見学(しが生物多様性取組認証企業など)
  ・滋賀県、関連団体との連携

3.イノベーションエコシステム創出支援事業(技術委員会との共催)
  ・Innovation Ecosystem in Shiga ビジネスマッチング会の開催(3回)
        大手企業・大学から提案された「ニーズ・シーズ」を説明する全体説明会を実施
        会場内に、展示・相談・商談スペースを併設し、ビジネスマッチング面談を実施


 明日の滋賀を創造する委員会 「Withコロナの滋賀づくり」 

1.東京一極集中から地方へ
  ・「ワーケーションの聖地「滋賀の伝道師」づくり」
  ・ここ滋賀(県の首都圏PR拠点)との連携
    →山(スキー、トレイル等)、湖(泳ぐ、ウィンドサーフィン、ヨット等)のスポーツやキャンプも
    →2025年(国体開催)長浜ドームにて「e-スポーツ」開催

2.観光振興と近江商人のブランド化

  ・ビワイチ、安土城再現、近江商人のブランド化で滋賀の活性化を図る
   →本年度は「マイクロツーリズム(域内観光)にポイントを置き、県民による滋賀の観光地再発見で県民への郷
     土への自信づくりと観光産業の振興を図る。ビワイチ、安土城再現、近江商人ブランド化へのイントロ作戦る

3.高専の誘致
  ・新しい時代に沿った高専の誘致
    →滋賀の産業界にあった高専へ
 



≪ 労働政策委員会  「多様な人材活用と働き方改革の推進」 ≫

1.多様な人材の活躍推進
  ・ダイバーシティ&インクルージョン研究会(旧女性力活性化研究会)
  ・共創型リーダー研究会
  ・企業の人材確保支援と就職支援
    若年者地域連携事業(厚生労働省委託事業)
    工業高校対象の企業研究会、コーディネート委員会参画
    ハノイ工科大学就職支援関連事業(経営委員会と共催) 
   
2.働き方改革の推進
  ・「滋賀働き方改革推進支援センター」事業の推進(厚労省委託事業)
  ・同一労働同一賃金他セミナー、相談会の実施
  ・小規模事業者への個別相談
  ・法改正関係の解説(滋賀労働局)と周知

3.労働・雇用課題対応
    ・人事・労務担当者実践研修
    ・行労使団体との意見交換(滋賀県、労働局、連合滋賀、社労士会)
    ・賃金・一時金の実態調査と統計資料の作成・提供


≪ 
総務委員会  「組織の充実・知名度の向上と会員交流の推進」 

1.地域別会員懇話会の実施
  ・地域に出向き、地域の課題を把握し、委員会活動や地域の行政、教育にも反映させる
  ・令和3年度実施予定地域
    @湖北・湖東地区  A甲賀・湖南地区  B草津・守山・栗東地区
    テーマ:Withコロナにおける地域の課題

2.組織の充実・強化
  ・会員の増強(470会員を目標)
    会員による紹介をベースに勧誘活動を実施
  ・正副会長および相談役会を開催し活動の方向性や方針を検討
  ・就業規則(法改正などに伴う)の見直し

3.会員の交流と親睦
  ・親睦のための定例ゴルフコンペ、同好会
    ゴルフ同好会(一八会)、歴史同好会 等
  ・講演会および会員懇話会の開催(5月、10月)

4.広報活動の強化
  ・「経産協ニュース」の充実
  ・プレス発表の強化、非会員企業へのアプローチ等による当会の知名度の向上